参考資料(2)

 通潤橋の吹上樋の説明に「原理」が二種類あってややこしいので、どうにか統一できないか、という話があります。

「逆サイフォンの原理」と「連通管の原理」です。兼六園(金沢)の石樋 は「伏越の理」と称されていますが、通潤橋と
同じ構造です。 「『サイフォン(siphone)』とは『液体を、水面より高い位置を通して、低い位置に移す為に用いる曲が
った管』である。その運動を開始するため には、自然界ではほぼ起こりえない、人為的なエネルギーを要する特殊な
構造である。」というのが、かなり正確な定義のようです。

 その「サイフォン」の絵を上下ひっくり返して単純に称した
造語が「逆 サイフォン」のようです。その運動は自然界の力で自然に始まることが決 定的な相違点であり、サイフォン
の文字を使用する論理的な説明は非常に 難しいと思われます。



 仕切りのある浄化槽や、昔ながらの温泉浴場などの原理は「連通管」で あり、仕切の厚さが違うだけで通潤橋の吹
上樋そのものです。この公衆浴 場のしくみを「逆サイフォン」というには無理があるようです。

したがって理科の授業で習った「連通管」のほうが適切な説明用語だと思 いますが、日本語としての普及度で劣りま
す。最も単純な連通管の応用として、同じ高さを違う場所に移す「水準管」 という測量用具があります。両端をつまみ
上げたビニル管に水を満たすと、 両端ともに同じ高さで水が安定することを利用しています。片方に水を注 ぎ足すと、
水は水平になろうとして反対側から溢れ出ます。

 この「水準管(water leveling pipe)」を説明に用いたほうが、老若 男女さらには外国からの観光客にもわかりやすい
のではないでしょうか。





最終更新(2004/05/25)

国府高校:成田先生の見解