第4回技術検討委員会

これまでの調査報告を受け、今後の方針を決定します

  

熊本県矢部町(現:山都町)保健福祉センター「千寿苑」にて 現地での検討委員会

堀内清冶氏(熊本大学名誉教授)を委員長とする、通常6名の委員会ですが、 当日はそのほかに、熊本県・矢部町・土地改良区・施工業者・コンサルタント も含め、きめ細かな情報交換のために、広範囲に開かれた委員会となりました。

現在までの検討委員会の内容報告と、調査の内容の説明のあと、今後の補修工事の方針が発表され、石管を19個コ(最大32個コ)取替えるほか、漆喰の補修箇所の確定、石管の風化防止の方法などが決定されました。 今後の問題点として、漆喰の成分・石管取替方法・石管内堆積物・被覆土の取扱いなどがあります。

いよいよ、本格的な修理工事が始まります。