漆喰の試作

通潤橋仕法書(創建時)に忠実に、試作をします。

    

決められた分量を正確に測り、決められた順番と時間どおりに漆喰を搗き上げます。

漆喰の材料は、赤土・川砂利・石灰・粗塩・松葉汁の5種類を使用します。それぞれに下ごしらえが必要ですが、仕法書にはかなり大まかな事しか書いてありません。当時の作業の状況を想像しながら、すべての工程に可能性の検証が必要となりました。 また、将来の石管取り外しの障害にならないような性質を、漆喰に持たせる工夫が必要かもしれません。

作成中の漆喰を舐めてみました。塩味はよいのですが超エグかったです。^^;