老朽化した石管の取り外し

最初の一基、どうにかしてそのまま抜き取りたかったのですが

    
  油圧ジャッキで垂直・水平・斜め方向に試しましたが、作用点の石の表面が割れ始めるだけ。


    
穴を洗浄し、両側からUP。片側からUP。ビクともせず、破壊せざるをえませんでした。

破壊してみて分かった事ですが、目地の隙間にモルタルが噛み込んでいて、 強力な摩擦抵抗の原因になっていました。いろいろなものを漆喰の代わりに詰め込んで補修してあるようですが、固めのゲル状の性質を持ち、水にかろうじて溶ける、といった性質が要るようです。 将来の維持修繕に備え、漆喰除去の方法をもう少し考えなければなりません。